つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

双亡亭壊すべし 6巻

 

双亡亭壊すべし 6 (少年サンデーコミックス)
 

 
異色の少年マンガもついに6巻である。
ここまで異色な少年誌連載は、
近年ないのではないだろうか。

作者独特の画風と恐怖の描写が非常に相性が良く、
小気味よく展開していく物語に、
ついつい読者はのめり込んでしまう。

また、今作の主人公も非常に魅力的な男で、
何も持っていないのに、主人公に大切な心を持っている。

この魅力ある主人公を描ける力こそが、藤田和日郎が未だに
現役マンガ家の最高クラスに君臨する所以だろう。

本作は珍しく10巻前後で終わらせると断言しているので、
完結まで是非楽しみに読んでいきたい。