つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

はねバド! 11巻

 

はねバド!(11) (アフタヌーンKC)

はねバド!(11) (アフタヌーンKC)

 

 
なんだかんだで気に入ってしまった「はねバド!」も11巻。

最早、昔の絵柄と作風に戻す気は全くないらしく、
全力でバドミントンマンガに挑戦している作者「濱田浩輔」を
応援したくなる展開である。

王者「益子泪」との闘いもそろそろ佳境で、
ここで負けるわけにはいかず、
かといって論理的には勝てる要素が揃っていないという展開で、
まさにこのマンガの天王山を迎えていると言えるだろう。

親友ポジションの「薫子」も良いキャラクターに育っており、
引き続き次巻に期待である。