つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

2016総合ランキング第13位

######################################################################

第13位 BLUE GIANT

 

 

エンタミクス13位

このマンガがすごい!オトコ編15位

THE BEST MANGA33位


山岳マンガ「岳」で有名になった作者「石塚真一」の
期待のJAZZマンガが13位にランクイン。

個人的には、今回の総合ランキングで、
最もお気に入りの少年マンガが本作である。
(少女マンガは後日紹介する第7位の作品が最高だ)

世界一のJAZZプレーヤーを目指す、
宮本大の人生を描いた作品。

ただひたすらに自分を信じて、
上り詰める主人公の物語は、
どこまでもストレートで、それ故に心に沁みる。

最近、マンガ文化は成熟し過ぎた感があって、
こんな泥臭い単純なマンガは滅多にお目にかかれない。
だからこそ、この猛烈な主人公の情熱から、
目が離せないのである。

「岳」は超人的な主人公の物語だったが、
この作品は、「凡人」が努力だけで
「超人」になろうとする物語である。
その過程を楽しめる分、作品として一段面白い。

多くの才能ある人物が、
主人公とすれ違い、
何かを打ちのめされ、そして、
彼の横を過ぎ去っていく。

最終的には、この主人公は一人ぼっちになるはずである。
決して仲間と和気あいあい、
幸せに終わるタイプの才能ではない。

だからこそ、結末まで目が離せない。

また、難しいと言われる音楽ジャンルの中でも、
最も困難なJAZZというジャンルを、
画面の勢いだけで表現している点も凄い。

この辺りのセンスは、デビュー作となる、
「This First Step」の頃から感じていた事だが、
その時の才能が見事に活かされている。


近年最高の音楽マンガとして、
絶対に抑えておきたい作品だ。


では、続きはまた明日。