読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

読者ハ読ムナ(笑)

 

 
このブログでは初めてかもしれないが、
本のレビューになる。

ただ、本といっても作者は藤田和日郎なので、
マンガジャンルと呼んで差し支えないだろう。

作者の考えるマンガ論を書いた作品であり、
新人アシスタントを迎える体で、
様々なアドバイスを綴っている。

マンガ家のマンガ論作品は他にも色々あるわけだが、
本作は、マンガ家と同時に、編集者の「武者正昭」氏の
発言も載っている点に価値があり、
マンガ家と編集者が同居したマンガ論の本というのは、
あまりお目にかかれないものであり、非常に価値がある。

人の心を動かす作品を創れ、
読者の想像を超えたハッピーエンドを創れ

等々、普段、藤田作品を楽しんでいた時に感じていた、
様々な要素が言語化されていて、
やはり、作者は狙って作っていたのだな、
という事が感じ取れて、ファンには嬉しい限りである。

マンガ読みには是非オススメしたい。