つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

局地的王道食 1巻

 

局地的王道食(1) (ワイドKC モーニング)

局地的王道食(1) (ワイドKC モーニング)

 

 

面白い。
物凄く面白い。

知っている人は確実に知っているが、
知らない人は全く知らない、
局地的マンガ家「松本英子

散歩の達人の頃から大ファンであり、
メジャーになるのを今か今か、と待ち続けているが、
サブカル的な存在の王者のポジションを
維持し続けている作者である。


今回は、主人公キャラが
いつもの「松」の字のキャラクターではなく、
多少可愛らしい女性キャラで描かれており、
おまけに最近流行りの食レポジャンルなので、
どうなる事かと不安に思っていたが
完全に杞憂であった。

ちくわぶに、甘食に、かんぴょうと、
どんなキャラで描こうと、
松本英子松本英子であり、
その個性が全く薄まらないのがスゴイ。

何が面白いのか全く説明できないが、
昨今、巷に氾濫している
食レポ系マンガとは一線を画すクオリティ。

絵が上手いのではなく、世界を描くのが巧い作者であり、
エッセイマンガとして完成されている。

才能というのはやはり、
この作者にこそ相応しい言葉である。


それにしても、本作の
新しいマスコットキャラクターが可愛い。

新しい「松本」ファンが産まれる
きっかけになると良いのだが。