つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

凹村戦争

(2012年評)
西島大介作品は何を求めて読むのかによって、
評価が大きく異なるだろう。

「わかる人にはわかる作品」

と思って読めば、随分高尚な作品にも見えてくる。

「キャラクターや作風が独特」

と思って読めば、オリジナリティーが高い作品にも見えてくる。

「既存のマンガ・アニメ界へのメタ作品」

と思って読めば、様々な過去の作品との比較を考えさせられる。

「なんかよくわからん」

と思えば、その程度の作品に見える。


この辺りはもう、
マンガをどのように楽しみたいのか、
そこ次第なのではないだろうか。


様々なタイプのマンガを読む意味で私は読むが、
「何か面白いマンガ知らない?」
と聞かれて、私が答える回答に、
この作品は含まれないだろう。

f:id:mangadake:20160519225509p:plain


 

凹村戦争(おうそんせんそう) (Jコレクション)

凹村戦争(おうそんせんそう) (Jコレクション)