つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

四稲家の人々

(2012年評)
新人マンガ家の描く初の連載作品というのは、
マンガ読みとしては非常に面白い。

作品のクオリティの意味ではなく、
宝探し的な意味でだ。


物凄い成長を見せるケース
新人にしか描けない作品を描くケース
どこかで見た作品を描くケース


様々な出会いに溢れている。


本作「四稲家の人々」は、
作者の初連載となった作品だ。
自分の家に、突如忍者が住み着いて、
主君とあがめ始める。
そんなギャグマンガとして口火を切った本作の
勢いが好きで読み始めたが、
惜しむらくは後半バトルマンガに展開してしまった点だろう。

最終巻で強引に全ての伏線を回収したように見せているが、
連載当初はそこまで計算しきれていなかった穴が
ちらほらと垣間見えてしまう。

ただ、ギャグのスタイルで続けるよりは、
少しでもバトル展開を挟むと作品としての
連載寿命が延びるのもまた事実。

最終巻はギャグマンガだった事を忘れるような
バトルラッシュだったが、残念ながら、
序盤に惹きつけられたほどの魅力は感じられなかった。


この作品内のボラティリティの高さも
新人マンガ家の作品を読む上で、覚悟しなければいけない点だ。


それでもマンガ読みが新人マンガ家の作品に惹かれてしまうのは、
一瞬でも構わないから、新しい才能の煌きを
見たいがゆえなのだろう。

また次の作品に期待したい。

f:id:mangadake:20160518214241p:plain

 

 

四稲家の人々 コミック 1-6巻セット (月刊マガジンコミックス)

四稲家の人々 コミック 1-6巻セット (月刊マガジンコミックス)