読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

三四郎2 さんしろうのじじょう

作品発表から早20年以上ということで、
なかなか古本屋でも見つけづらくなった本作を久しぶりに再読。

いやぁ、懐かしい。

好きだった作品も10年ぐらい読まないと、
それなりに忘れるもので、
再読すると当時の感動が甦ってお得な気分である。


設定自体は、至って単純な学園ドタバタコメディ。

主人公三四郎の前に突然現れた押しかけの許嫁が、
馬鹿力の大和撫子という設定で、
ドクタースランプうる星やつら
足して2で割ったという説明がぴったりの作品。

それだけしかウリがなければ、芽が出なかっただろうが
連載を続けるにつれ徐々に作者「きくち正太」の才能が爆発。

特に9巻の「ザ・ラストワルツ」は畢生の出来栄えで、
20年前にこの作品を描いた時点で、
現時点までの作者の成功は保証されていたのかもしれない。

後の「おせん」等の系列に連なる、
日本文化への敬意や、粋の文化等も
既にこの時から根付いており、
まさに作者の原点ともいえるべき作品。

また、氏の作品の中でも、
綺麗に完結している点も高く評価したい。


個人的に「きくち正太」ファンという事もあって、
多少下駄を履かせて殿堂入りさせておく。

今となってはなかなか綺麗な状態では手に入りづらいが、
漫画喫茶等で読む機会があれば手に取る事をオススメする。

f:id:mangadake:20160516220211p:plain