読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

小僧の寿し

個人的にお気に入りの作者「勝田文」の短編集。


表題作含め、ほんわかした空気感を描かせると、
抜群の腕前である。

しかし、それ以上にやはり「原作付き」の時の、
作品の冴えが並ではない。

この短編集でもラストに収録されている
「クリスマスキャロル」の出来栄えが圧倒的。

何度も読んで知っているお話のはずなのに、
この作者が漫画にすると、
なぜこんなにも面白いのか。

単に画力が素晴らしいというわけではなく、
魅せる構図やコマ割りが巧い。
結果として、どんどん続きが気になり、
最後まで読んでしまう。

勿論、「クリスマスキャロル」は定番の名作なので、
そのストーリーが面白いのは当たり前なのだが、
誰もが面白いようにマンガにできるわけではない。

その辺りの妙味を感じていただきたい作品である。

f:id:mangadake:20160511064621p:plain


 

小僧の寿し (マーガレットコミックス)

小僧の寿し (マーガレットコミックス)