読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

じゃじゃ馬グルーミン★UP!

無目的に北海道の牧場に流れ着いてしまった、
高校生主人公が牧童として成長していく物語は、
全26冊と作者「ゆうきまさみ」の最長巻数作になっている。

当時、競馬人気が今よりずっと高かった背景を考慮しても、
一人の主人公の人生の流れを
ここまでゆったりと連載させたのは異例だった。
その意味で本作は、単行本で通して読んだ方がずっと面白い。


まさに作者のキャッチフレーズ「異端にして王道」の作品であり、
そんな自由な連載を許した90年代少年サンデーの、
圧倒的な雑誌力を感じさせられる作品である。

また、当時では珍しい少年誌での性描写も特徴だが、
そこは競馬という親から子へ受け継がれるジャンルを扱う以上、
必然的な描写だったともいえる。

ともあれ、大人になってから読むほど、
味わい深く感じる作品であり、
読み返してみる事をオススメできる名作である。


実際のところは、
牧場経営はここまで楽観的でもなく、
負の側面も多々あるわけだが、
マンガとして読むにはこの程度の塩梅が丁度いい。

そして、そこを外さない作者だからこそ、
これだけ長期にわたって活躍し続けているのだろう。

f:id:mangadake:20160505092355p:plain