つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

べしゃり暮らし

週刊少年ジャンプ連載から、
ヤングジャンプに移籍した異色のお笑い作品。

マンガの中で漫才を描くという二重作劇を
ほぼ最後まで完結させた点は素晴らしかった。
恐らく現時点で、漫才を舞台に描かれた作品としては、
最高水準の作品だろう。

しかし、序盤の自然な盛り上がりに比べて、
中後半は、お涙頂戴的な強引な展開が多すぎた。

結果として、全19冊を通してのストーリーや構成が
素晴らしかったかと言われると、難しいところである。

勿論、ベテラン「森田まさのり」の画力は健在で、
その辺りは人間ドラマを描くうえで十二分に役立っているのだが、
素晴らしい素材なだけに、もっと面白くできたのではないだろうか。


序盤の出来栄えが神がかっていただけに、
ヤングジャンプ作品お得意の
強引な展開に走ってしまったことが悔やまれる作品だ。

f:id:mangadake:20160504144454p:plain