読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

娚の一生

(2012年評)
娚の一生を読むと考えさせられるのは、
女性の憧れについてである。
一昔前には、この若さと可愛らしさを持つ設定の
主人公が35歳未婚という事はあり得なかっただろう。


また、その相手の男性も、独身で51歳。
悪い意味で結婚をしていなかったわけではなく、
社交的で仕事も出来るが、独身でいた男性。

こちらもなかなか現存しそうにない。

けれども、結果として、
西炯子の大出世作となったわけだから、
世の中のニーズを満たしていたのだろう。

カレセン好きな女性には、
大変よい作品に仕上がっている。

30台半ばの女性の、
少し曲がってしまった恋愛世界が、
ゆっくりと紐解かれてゆく様は、
読んでいて、心地がよい。

また、本作が幸運だった点は、
あの出来事がラストに描かれている点である。
リアルタイムで連載されていた際には、
少々力技がすぎる展開に思えた本作のラストも、
現在読んでみると何の違和感もない。


まさに事実は小説より奇なり、だ。

全四冊。軽く読むには丁度よい長さの作品である。

f:id:mangadake:20160421073123p:plain