読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

中年スーパーマン佐江内氏 /未来の想い出

(2012年評)
藤子・F・不二雄のSF短編作品は、
私が最も愛するマンガの一つである。


そんな氏のSF短編の中でも、
最も異彩を放つのが、
本作に収録されている「未来の想い出
ではないだろうか。


主人公「納戸理人」は、あたかもF氏を
モデルにしたキャラクター。

描かれる世界も、
本人の人生の葛藤も、
なんとなくF氏自身のものではないだろうかと
思わされる倒錯感。

途中までの緊迫の展開は、
やはりさすがの腕前だった。

しかし、大変惜しむらくかな、
このラストには些か拍子抜けさせられた。

多分、全盛期のF氏であれば、
本作を超える結末を見せてくれたのではないだろうか。

良くも悪くも晩年の作品であった。


誤解のないよう書いておくが、
決して氏の才能を否定するものではない。

F氏は間違いなく掛け値なしの天才だ。

我が家の蔵書の中からベスト5を選べと言われたら、
間違いなく選ばれるのがF氏の「SF短編PERFECT版」である。

そして、F氏の全盛期のSF短編を読まれている方なら、
この「晩年の作品」という表現には賛同頂ける筈だ。

常人には真似できない、
鮮やかなストーリー構成に、
どれだけ感嘆の溜息をつかされた事か。


全盛期のF氏に、本作を描いてほしかったと、
つくづく思わされたわけである。

ちなみにこの作品だけは、
SF短編PERFECT版に収録されていないので、
ファンの方は抑えるべきだろう。


f:id:mangadake:20160420080840p:plain

 

藤子・F・不二雄大全集 中年スーパーマン左江内氏/未来の想い出

藤子・F・不二雄大全集 中年スーパーマン左江内氏/未来の想い出