読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

キラメキ☆銀河町商店街

(2012年評)
商店街に暮らす男女6人の幼馴染達が巻き起こす
青春ラブコメ作品。

作品的には至極王道。
良くも悪くも、予想を覆すような展開はなく、
予定調和的に物語は進んでいく。


だが、そこがいい。


マンガには読むタイミングというのがあって、
この類の作品では物足りない時期もあれば、
穏やかさに癒される時もある。

実のところ、
この手の読んでいて心地よい作品を描くタイプのマンガ家が、
最も長続きするのだと個人的には考えている。

 

本作を読んで思い出されたのは、
なかじ有紀の「ハッスルでいこう」だ。

男女6人、青春ラブコメで、嫌な展開がない、とくれば
まさにである。
あの作者も、何か大ヒットがあるか、と問われると難しいが、
長命のマンガ家である。

結局のところ、この手の作品が描けるかは、
作者の資質に頼る部分が大きく、
所詮、「マンガ家」のような自身を表現したい業の深い
人間性の人には、案外難しいのだろう。

 

読んでいて心地よい作品である。
全10冊。たまに眺めるのに丁度よい。

f:id:mangadake:20160415075644p:plain