つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

おいしい関係

テレビドラマ化もしたので、
ご存知の方が多い作品だろう。
おいしい物を食べるのが何よりも好きな
裕福な父親に育てられた主人公百恵。

けれども、その幸せな日常は
父親の急逝により崩れ去る。

残された百恵が選んだのは、
コックになる道。

町の洋食屋「プチ・ラパン」で
師匠とあがめるシェフの織田と出会うのだが。。。


槇村さとる作品といえば、
働く女性主人公だろう。

近年終了した「Real Clothes 」もそうだが、
やはり、働く女性を描かせると、
他のマンガ家より一段上の作品を作る。

また、本作の魅力は、
美味しそうな料理の数々と、
そこで働く人たちの人間ドラマだろう。


特に、百恵のあこがれる織田の
キャラクター性は非常によく作られている。

登場したてのころは、
よくある二枚目冷徹キャラクターかと思いきや、
次第に見えてくる「職人」故の生き様と、苦悩は、
一際よく描けている。


後半部においては、若干恋愛要素に偏りがちだが、
概ね作品としての軸がぶれることなく、全16冊で纏まっている。


槇村さとるの代表作と評してよいだろう。
お勧めしたい。

f:id:mangadake:20160410080716p:plain