つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

セカイのミカタ

(2012年評)
第1巻の帯は、「惑星のさみだれ」で
まさに人気絶頂を迎えていた水上悟志

「このアングルを、コマ割りを、画を見よ」

と来たものだから、即座に購入してしまった。

町の裏路地が異世界につながる万住町。
その世界で、幼い頃に弟を異世界に
失踪させてしまった主人公が、
異界管理局に勤めることから物語は開始する。

オビの推薦文どおり、
その作風、特に画は独特で、ちょっと類を見ない。

連載終了後に知ったことだが、
モーニングで連載していた「GREGORY HORROR SHOW」の
作者だった事を知り、妙に納得してしまった。
あの異様なアングルの世界観は確かに通じるものがあった。

キャラクターデザインもなかなかの出来栄えで、
見応えのある作品だったが、
惜しくも2巻で打ち切られてしまった。

発想や画がセンスに富んでいるマンガ家は、
多くの場合、ストーリー構成(プロット)も奇抜になりすぎる嫌いがある。

本作もその傾向があり、結果として打ち切りの結果となったのだろう。
しかし、そのオリジナリティは高く評価したい作品だった。

現時点で鈴木小波の作品暦を見る限りでは
傑作を産み出せてはいないが、
長い目で見れば、何かを残せるマンガ家だと思われる。

絵に逃げることがなければだが。

f:id:mangadake:20160403151125p:plain