つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

正しい恋愛のススメ

(2012年評)
かわいい彼女がいて、成績は中の上で、
たいした不満もなく、かといって満足もなく。

そんな主人公竹田博明が、
ふとしたきっかけから出張ホストの仕事を始める事になり、
最初はお客として出会った一人の女性に
次第に惹かれていくことになるのだが。。。


作者一条ゆかりもあとがきで書いているように、
全く正しくない恋愛のススメ。

けれども、本当に面白い。

主人公の非常に危険な綱渡り恋愛は
見ていてハラハラさせられっぱなしだが、
そこがやはり恋愛モノの醍醐味ともいえる。

ストレス=ドラマ性

と言い切れるあたり、さすがは大御所といったところか。

しかし、常々思わされるが、
一条ゆかり作品のキャラクターは「強い」

並のマンガ家のキャラクターを放り込んでしまったら
間違いなく心身喪失で作中からリタイアするはずだ。

しかし、それは昨今のマンガ家が描く、
「ただ強いだけのキャラクター」ではない。

強さには理由があり、それを支える
生きる事への哲学が感じられる。
それは、作者自身の哲学とも言えるのだろう。

「少女まんがもオトナになる」


連載誌「コーラス」のキャッチコピーに相応しいマンガ家として、
一条ゆかりは、やはり最適解だったと思わされる作品だった。


翻って男性誌では、こういったオトナな恋愛作品が少ない。
夢見がちなのは、いつも男の子側という事だろうか。

男性の手によるオトナな恋愛作品が産み出されまでは、
まだまだこのジャンルは女性誌のお家芸なのだろう。

f:id:mangadake:20160331115151p:plain