つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

冷蔵庫探偵

(2012年評)
3巻で完結となってしまった本作。
思ったより寿命が短かったというのが、
正直な感想である。


ケータリングの仕事をしている主人公レイコは、
他人の冷蔵庫の中身から、
その人の人生をプロファイリングできる冷蔵庫探偵。

この設定はかなり秀逸だった。

1巻2巻と、それほどマンネリにならず、
丁寧に冷蔵庫プロファイリングを描いていた
作風には好感が持てたのだが、
やはり昨今のマンガにしては地味だったのだろうか。

もしくは原作者のネタ切れか。
雑誌で読んでいなかったので
そこらへんの温度感はわからないが。

ただ、確かに冷蔵庫と探偵というキーワードだけでは、
続けていくのにも限界がある。

他の探偵ものだと、中盤あたりでライバルが登場するのだが、
冷蔵庫探偵にはライバルがいるとは思えない。

その辺りは、本作がもともとニッチジャンル狙いの作品であり、
長期連載には向かない弱点を持っていたといえる。

しかし、長続きしなかったからとはいえ、
探偵モノという使い古されたジャンルで、
新しい存在を生み出した原作者の力は高く評価したい。

主人公のキメ台詞
「わかるのよ、冷蔵庫を見ればね」
は、文字で読むと笑いを誘うが、
マンガで読むと格好良く見えるのだから、
マンガというジャンルは相変わらず奥が深い。

(2016追記)
この頃からゼノンは食というジャンルに手を出して、
今のラインナップを育てていたのだなぁ、と考えると感慨深い。

f:id:mangadake:20160315082931p:plain