読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

県立海空高校野球部員山下たろーくん

(2012年評)
80年代ジャンプマンガを懐かしんで。


80年代のジャンプのマンガといえばこの雰囲気だろう。
無論、作品の絵柄によって多少の泥臭さの違いはあり、
その中でも、最も泥臭かったのが本作だが、

「努力」「友情」「勝利」

の3種の神器に変わりは無かった。


この辺りは読んでいて安心できる展開である。
少年漫画には仁義が生きていると、
少女漫画から揶揄されていた時代である。


実際、このマンガに出てくるキャラクター達の
実直さや誠実さは、かなりのものがある。

また、試合展開も昔の意味で言う「マンガ的」という表現がふさわしく、
逆転に次ぐ逆転の嵐の構成は、
オトナの視線で読んでしまうと、若干笑ってしまうかもしれない。

しかし、子供が楽しむマンガという意味では、
間違いなく正しかった。

ワンピースがマンガとして面白くないと評するマンガ読みも多いが、
あの手の、いわゆる「ジャンプ的」な作品が担っている役割は大きい。

ワンピースがあるから、われわれは安心して、
ブリーチやナルトも楽しんでいられるのだ。

その点を忘れてはいけない。

こせきこうじは、山下たろーくんという
キャラクターの魅力をなかなか超えることができず、
後の作品にもかなりの影響を受けてしまっている。

そういった点も含めて、
非常に「ジャンプ的」という形容詞が相応しい作品だった。
今から新しく読むには絵柄が泥臭すぎるかもしれないが、
80年代に人気を博した作品の要素を学ぶ上では、
外せない一作である。

f:id:mangadake:20160301193402p:plain