つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

え!?絵が下手なのに漫画家に?

施川ユウキは、現代ギャグマンガ家の中でも、
独自のポジションを築いている存在である。

チャンピョンのデビュー作、
「がんばれ酢めし疑獄」の時から異彩を放っていたが、
サナギさん」で完全に自分の世界を確立したと言えるだろう。

そんな独自の世界観を持つ作者の、
デビューまでの自伝的な日々を描いた本作は、
相も変らぬ独特な面白さを誇っている。

エッセイ漫画なのに、
どこか自分を突き放して眺めているこの才能は、
一体どうやって手に入れたのものなのだろうか。


彼の才能の一端は本作のあとがきを読めば明らかである。

「これは過去の自分を冷静に描写した記録漫画では決してない。
諸々の事情から、過去の自分を美化したり、
汚したり、言い訳したりしている
『現在の自分』をありありと見せている漫画だ。」


およそエッセイというジャンルを描く言葉として、
これほど適切な表現を私は知らない。
これこそが、一流のギャグマンガ家が持つ、
自分を俯瞰する能力なのだろう。

昨今のエッセイマンガ家が描く作品とは、
一ランク違う本作を、
未読の方に是非お勧めしたい。

f:id:mangadake:20160229174904p:plain


 

え!?絵が下手なのに漫画家に? (ヤングチャンピオンコミックス)

え!?絵が下手なのに漫画家に? (ヤングチャンピオンコミックス)