つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

魔法使いの娘

那州雪絵」健在なり。
そう思わざるを得ない傑作。

往年のマンガ読みならば
那州雪絵の名前を聞いて浮かぶのは
名作「ここはグリーンウッド」であろう。

しかし、かの名作を輩出して以来、
彼女の名前を久しく聞かなかったのも事実である。

そこにきて、本作の登場。
やはり天才マンガ家の復活は嬉しいものだ。

グリーンウッド1巻に同時収録されていた、
短編ホラーを読んだ時から、
オカルトの才能を感じていたが、
やはり作者自身もその事に気づいていたようだ。

本作では現代風陰陽師の世界を通して、
オカルトや不気味さを見事に表現している。

ページをめくる度にひやっとする、
このスリルはただ事ではない。

また、絵がグロテスクでない点も高く評価したい。
絵で驚かすのではなく、コマ割りや、カットで
読者に緊迫感を与えているのだ。
素晴らしい手腕である。

そして、徐々にオカルト色を少なくしていき、
後半は前半部分で張った伏線を一気に回収にかかり、
物語はエンディングを迎える。

全8冊。
この作品を知らずにいるのは勿体無い。
願わくば知名度が低いこの作品が
多くの読者の手に取られる事を祈っている。
ちなみに、続編の「魔法使いの娘に非ズ」が続いているが、
話としては本作は一つの完結を迎えているので、ご安心を。

ただ、本作を読まれた方は間違いなく
続編にも手を出されるであろう。

f:id:mangadake:20151125231538p:plain