つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

ハナコ@ラバトリー

煩悩寺で好評を博す秋★枝と、
独自のギャグマンガ路線を進む、
施川ユウキ原作による異色の作品。

トイレから離れられない地縛霊の花子さんが、
様々な人の人生と触れ合うオカルトコメディー。

昔からある「トイレの花子さん」だが、
本作のように「トイレ」ならば学校でなくてもどこでも現れる、
という一味を加えるだけで全く新しい作品になるのだから、
面白いものだ。


作品全体に関しての評価としてはまぁまぁといったところだが、
それ以上に評価したいのはオカルトの質の高さである。
まさか、このコンビの作品で怖い話が読めるとは、全く思っていなかった。

けれども、2巻に収録されている
「ビル」や
「タイムカプセル」の序盤等は
かなり上出来のホラーに仕上がっている。

施川ユウキ秋★枝の今までの作品を見る限り、
ホラー要素は皆無なので、どちらの才能によるものなのか
非常に気になるところだ。

あとがきで施川本人が、怖い話が好き、と書いているので
やはり彼の才能によるものなのだろうか。
しかし、怖い原作の雰囲気を上手く描いている秋★枝も侮れない。

この二人による本気のホラーマンガを読んでみたい。
そんな感想を抱かされた作品だった。

f:id:mangadake:20160224211309p:plain

 

ハナコ@ラバトリー(1)(CRコミックス)

ハナコ@ラバトリー(1)(CRコミックス)

 
ハナコ@ラバトリー(2)(完) (CRコミックス) (CR COMICS)

ハナコ@ラバトリー(2)(完) (CRコミックス) (CR COMICS)