つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

新世紀エヴァンゲリオン鋼鉄のガールフレンド2nd

(2012年評)

ちょっと異色の作品かもしれないが、
古本屋で目に入ってなんだか懐かしかったのでレビュー。
同名のPCゲームを題材にした、
いわゆる「学園エヴァ」作品だ。
アニメ放映から10年近く経った後に、
少女マンガ誌で連載されていたのだから、
エヴァンゲリオンという怪物は、
やはりエネルギーのある作品だったのだろう。


マンガ単体としての本作に関しては
あまり正しい評価が付けられない。
なぜなら私自身が
アニメのエヴァンゲリオンを既に視聴してしまっているからだ。

原作アニメを見ていない人にとって、
本作が面白いかどうかはわからない。
どちらかというと、つまらない部類かもしれない。
しかし、原作アニメの、
あの凄惨な展開を知っている人間にしてみれば、
本作のような幸せな空気に包まれているエヴァンゲリオンには
なんだか和まされてしまう。
アニメの最終回付近で、
一瞬だけ描かれる「学園モノ」の空気に
多くの視聴者が魅了されたのも必然だった。

本作に登場する、
感情豊かなレイ、
他人と関わる事を恐れないシンジ、
そして、いかにも少女マンガの主人公然としているアスカ。

そんな彼らの幸せな学園生活に
おもわず微笑まされてしまうのは、
やはりあの陰惨な原作の日々があってこそなのだろう。

虚構のはずのアニメーションに、
視聴者の夢想を重ねた「学園エヴァンゲリオン」は、
原作GAINAXすらも巻き込んだ、
壮大な同人誌だったのかもしれない。

f:id:mangadake:20160214191825p:plain