つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

ネクログ

妖怪奇譚「もっけ」の作者
熊倉隆敏」の描く
中華系ホラーファンタジー。

前作で見せつけた圧倒的な健全さと
ほのぼのさを全て投げ捨てて、
ひたすら作者の描きたいものを描いた作品。

その意味で、打ち切りっぽい
全4冊の完結も頷けるというもの。

とにもかくにも前作にはなかった
エログロを色々と混ぜ込みながら、
オリジナリティを出す事には成功している。

ただ、あまりにも描きたい事を
中心に置き過ぎたのが敗因か。

まぁ打ち切りとはいえ、
物語は一応の完結を得ているので、
そこだけは救われた点かと。

しかし、中華系の思想や宗教、ホラーは、
確かに今まで踏み込まれていない領域の一つなので、
是非、再度挑戦する作品を見てみたいものである。

f:id:mangadake:20151125225514p:plain

 

 

ネクログ コミック 全4巻完結セット (アフタヌーンKC)