読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

箱舟の行方

(2012年評)
シギサワ カヤ初の作品集。

不倫から初心者の恋愛まで
幅広く抑えた恋愛オムニバスとなる。

特に表題作品「箱舟の行方」は、
新人作家としてはかなり出来が良い。
しかし、懸念はある。

それは性描写が高いレベルを誇っている点だ。

ある程度年齢層の高いマンガを描く上では、
性描写が取り込まれることで
作品の質が高まることは確かにある。

しかし、この作者の場合、若干それが上手すぎる。
ともすると、今後の作品作りで
その部分ばかり前に押し出した作家性になりかねない。

性描写を蔑視するわけではないが、
その分野だけ腕を伸ばすと、
話の筋がおろそかになってもファンがついてしまう点が恐ろしい。

現に、次作「九月病」では、近親相姦をテーマにした作品だったが、
本デビュー作より面白いとは思えなかった。

メジャーになるセンスは持ち合わせているマンガ家なので、
是非、取り散らかした精神描写だけでなく、
それをきれいに取り纏めるプロット力を磨いて欲しい。

まぁ、どちらの分野に進めど、
今後、一定層を掴んでいく才能がある事は確かだろう。

f:id:mangadake:20160201202008p:plain

 

箱舟の行方 (ジェッツコミックス)

箱舟の行方 (ジェッツコミックス)