つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

2000年代女性系

純真ミラクル100%

ラブコメ中心に作品を展開する作者「秋★枝」の初期作品。アイドルを目指す純真な主人公「モクソン」と、モクソンをいじめる事に喜びを感じる芸能事務所の女性所長という設定で始まる本作だが、徐々にその部分は薄れて、ある意味アイドルを目指す主人公とその…

4ジゲン

天才コンビでありながらも、超絶に仲が悪い「にざ」と「かな」による名作4ジゲンもついに3冊で完結したかと思いきや、普通に4巻が出てるあたりが凄い。あの、3巻での完結する気満々の空気は何だったのか。 惜しいかな、「B.B.Joker」は超えられな…

レタスバーガープリーズ.OK,OK! 完全版

【特典付き】レタスバーガープリーズ.OK,OK! 完全版【全3巻】 作者: 松田奈緒子 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2017/01/21 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 重版出来の「松田奈緒子」の大傑作が、書下ろしと番外編含む完全版で発売…

らせつの花

「潮見知佳」の描く、オカルト恋愛シリーズシリーズの第二弾。三部作の中では、本作の出来栄えが一番良い。 20歳の時に命を奪われるという悪霊の呪いを抱えながら、心霊退治を続ける主人公「羅雪」と、前作、「ゆららの月」から登場する、もう一人の主人公「…

ゆららの月

「潮見知佳」の描く、オカルト恋愛シリーズの原点。 霊が見えてしまう主人公「ゆらら」と、ゆららの才能を見抜いて絡んでくる二人の美少年「明」と「夜行」。そして、「ゆらら」の中に住む、もう一人の美少女。少女マンガのラブコメ作品としては、ごくごくあ…

モテキ

ドラマ化したという意味では久保ミツロウの代表作になるのだろうか。 デビュー当時から、女性を描かせるとうまかったが、その本能が掲載誌を変えることにより爆発したような作品。 序盤の勢いはすばらしく、モテキという単語を世に普及しただけの事はある。 …

マコちゃんのリップクリーム

打ち切りの女王「尾玉なみえ」による、最長不倒連載。斜め上過ぎるシュールギャグを引っ提げて、ジャンプに乗り込んで以来、数え切れない打ち切りの洗礼を受けた作者だが、それでもマンガ家を続けられたのは、恐らく、この作者以上に奇想天外なマンガを描け…

緋色の椅子

夏目友人帳の「緑川ゆき」が描く、ファンタジー作品 貧しい村で育った少女セツと、その幼なじみルカ。 しかし、ある日彼の元には王族の遣いが現れ、彼に王位を継がせるべく王都に連れて行く。 再開を誓った二人が、再び王都で出会った時、予想もしなかった事…

あかく咲く声

彼の声が気になり、告白を決意した主人公「佐和」が目にしたのは、その声を武器にして、警察組織に加勢している、クラスメート「辛島」の姿だった。 辛島の声は、独特の響きを持ち、聞く人をその命令に従わせる不思議な力を持つ。 それ故に、彼は普通の人間…

豪放ライラック

桑田作品第四夜 時間軸的には、桑田作品の中でも、新しい時代。 また2012年時点での桑田作品の最長連載は、本作と「888」の全6冊である。 デビューから25年近くが経過し、あまり途切れることなく作品を作っているはずだが、6冊が最長連載。 さす…

本屋の森のあかり

最近は少なくなったが、地味だが面白い作品というのがある。 「磯谷有紀」が描く本作は、女性主人公が書店で働く地味な作品だ。 多少人気が出た時期もあったが、万人に受けるタイプの作品ではない事は確実だ。 しかし、この作者の持つのんびりとした雰囲気と…

スキマスキ

「宇仁田ゆみ」作品。 スキマが好きな主人公は、カーテンのスキマから見える隣のお姉さんが気になる日々。 けれども、スキマから見えるという事は、相手からもこちらが見えているという事で。。。 何とも地味で飄々とした作品。 初期の作品らしい、奇抜なテ…

花吐き乙女

花吐き病片思いをこじらせると、苦しくなって花を吐く。 完治する方法は、ただ一つ。相手と両思いになる事。 さすがは、奇才「松田奈緒子」常人には思いつかない発想である。 この「花を吐く」という表現が、目に見えないはずの恋心の比喩表現になっており、…

EIGHTH

「河内和泉」の描く、SFアクション作品。バイオテクノロジーの研究所に所属するガードの主人公が、不思議な能力を持つヒロインをガードする事から始まる物語。あくまで遺伝子工学や医療研究といった「舞台」を元に展開するアクション作品なので、その辺りの…

からん

好んで読んでいたレビューサイトで以前、 「からん」が物凄く良いところで終わってしまった… と書いてあるのを見て以来、読みたくもあり、打ち切りが悲しくもあり読めなかった作品。 ついに読んでみたが、大変惜しかった。これは素晴らしい作品だった。 そも…

地獄-西岡兄妹自選作品集

西岡兄妹 この作者の名前からして、なんとも不思議な感覚に陥れられる。 そして、その内容。 マンガの世界というよりは芸術寄りなのだろうか。 少なともこの作者に既存のマンガを作ろうという気は全くない。 コマ割りはあまり利用せず、その分、絵や文章が映…

フラワー・オブ・ライフ

「よしながふみ」の描く学園作品。 無論、よしなが作品なので平均点以上には面白いが、手放しでお勧めは出来ない。 原因としてはやはり、作者の精神年齢が、男子高校生の精神年齢よりはるかに高くなってしまっている点だろう。 白血病で死に掛けた男子高校生…

夕凪の街 桜の国

広島と原爆の物語この手の話はイデオロギーと歴史観に多分に左右されるので、面白い面白くないでは、ないと思われる。 読みたい方は読んでみると良い。個人的には作者が背伸びしていない感じが良い。 「広島在住だが、原爆とは縁遠かった」というこうの史代…

プライド

資産家の娘に生まれ、美貌と美声を兼ね備えた主人公「史緒」と、対照的な育ちながら、野望と策略でオペラ歌手になる夢を果たそうとする、もう一人の主人公「萌」 タイトル「プライド」の通り、二人の女性のプライドを交えながら、それぞれの人生を描く作品。…

ハロー・グッドバイ

(2012年評)3D彼女完結なので、那波マオ作品レビューを。 完成度の高さでは、「彼女ができたから。 」の短編、読んでいての楽しさでは「姫ママ!」等がお勧めだが、挑戦しているテーマの難易度では本作が一番面白い。 初めてつきあった彼氏にふられて、や…

アンダンテ

こどものおもちゃの「小花美穂」の描く全3冊のラブストーリー。血の繋がらない兄妹と、そこに突然同居する事になる美少女。 三人を繋ぐ主題は音楽。 ありがちな題材を、そこそこの力量で煮込んだ、佳作といったところか。 題名、アンダンテ(ほどよくゆるや…

eensy-weensyモンスター

カレカノの「津田雅美」による全2冊の短編ラブコメディ。 むしろ、この程度の長さの作品のほうが、20冊近く付き合わされるより気楽に読めて良いのかもしれない。 内容自体は普通のラブコメディだが、前半の女性主人公の視点と、後半の男性主人公の視点から…

エビアンワンダー

(2012年評)久しぶりに良質な短編ファンタジー作品を堪能させていただいた。さすがに、おがきちか、「Landreaall」で冴え渡る手腕は伊達ではない。 悪魔と契約し願いを叶えてもらう代わりに、悪人を殺すことでその魂を地獄に送る主人公フレデリカ。 フレデリ…

荒川アンダーザブリッジ

中村光は、やはりギャグマンガ家なのだなぁ、改めて感じさせられた作品。他人に借りを作れないエリート「リク」と自称金星人のホームレス「ニノ」そして、河童村長をはじめとした彼らを取り巻く、荒川河川敷の不思議な住人達。キャラクターと設定が抜群の為…

ホタルノヒカリ

(2012年評) ドラマ化も果たした説明不要の有名作品。いわゆる「干物女」の物語である。無論、「干物女」という名称は素晴らしかったが、内容もキャッチフレーズに負けない大変面白い作品だった。 コメディテンポの良さと、20代後半の女性主人公という、あ…

アラクレ

育ての両親が亡くなり、身寄りが無くなった主人公のもとに名乗り出てきたおじいちゃんは本物の任侠の人だった。 そんなトンデモ設定から始まる女子高生の日常を描いた学園ラブコメ。 新しい学校で、お嬢様と勘違いされるが、たまに出てしまう地の啖呵は本職…

あのこにもらった音楽

勝田文の作品が面白い。 幼い頃に両親を亡くした少女と、その娘を引き取った家の一人息子、天才ピアニスト蔵之介の物語。 といっても、天才ピアニストの部分は、本作ではほとんど重要でなく、どちらかというと兄妹のように育った二人が、お互いの必要性をか…

Daddy Long Legs

(2012年評) 「あのこにもらった音楽 」の作者、勝田文の短編集。 淡々とした作風だが、やはり面白い。 表題作の「Daddy Long Legs」は、あしながおじさんの和風版だ。収録されている短編の中では、やはりこの作品が一味深い。 作者はあとがきで、ネタ…

レタスバーガープリーズ.OK,OK!

(2012年評)昨日レビューした「忘却の旋律 」がタイトルで得をしている作品だとすれば、この作品は真逆である。完全にタイトルで損をしている。 正確には、松田奈緒子作品が全般にわたってタイトルで損をしている。 この作者の作品は間違いなく、もっと売れ…

うさぎドロップ

(2012年評)最近やっと最終の10巻が発売されたのでレビュー。とはいっても10巻は番外編で、物語としては9巻目でほぼ決着が着いている本作だが。 かなりの有名作品なので、いまさら説明不要と思われるが、簡単なあらすじを。 訃報を受けて祖父の家を訪れた「…