読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

湘南純愛組!

週刊少年マガジン史上においても、その知名度において上位に君臨するキャラクターは、やはり、本作の主人公「鬼塚英吉」ではないだろうか。 当時のマガジンにおける、「カメレオン 」や「特攻の拓」など、ヤンキー系作品の中でも一際目立つ、「面白さ」と「…

すすきのみみずく

「正義の味方」の聖千秋が描く青春ドラマ。 受験戦争や家庭の事情に押し潰される日々を送る主人公の女子高生「望江」 同じように失意の日々を送る高校生五人が、たまたま乗り合わせた電車で見つけた、自然の世界「みみずくの里」へのチラシ。 気がつけば五人…

地球を呑む

やはり、並の作品は描かない巨匠である。本作も壮絶に実験的な作品となっている。自身の悲劇的な人生から、娘達に遺言を残す母親。 金を滅ぼし、法律・規律を滅ぼし、男を滅ぼす。 この約束を胸に、娘達は、世界を滅ぼす為の活動を続ける。そのための手段、…

東京ラブストーリー

まさに、一世を風靡したという表現が相応しい、「柴門ふみ」の出世作。今でこそ発表する作品の量や質から、作者の知名度も随分落ちてしまったが、この時代における著者の存在感は圧倒的であり、まさに「時代と寝た」稀有なマンガ家の一人であった。「東京」…

いぬまるだしっ!

(2012年評)まさか、この作品がここまで大物に成長するとは。週刊少年ジャンプ愛読者にとって、近年まれに見る嬉しい誤算だった。 ジャンプには、代原等の都合で偶然載ってしまうレベルのギャグマンガ家が多数存在する。 そんなマンガ家の一人だった「大石浩…

エビアンワンダー

(2012年評)久しぶりに良質な短編ファンタジー作品を堪能させていただいた。さすがに、おがきちか、「Landreaall」で冴え渡る手腕は伊達ではない。 悪魔と契約し願いを叶えてもらう代わりに、悪人を殺すことでその魂を地獄に送る主人公フレデリカ。 フレデリ…

G戦場ヘヴンズドア

今でこそ確固たる地位を確立した「日本橋ヨヲコ」だが、デビュー当初は打ち切りの続く不遇な作者であった。そんな彼女が、初めて大団円までを描き切った、とことん熱い、マンガをテーマにした作品。エンターテイメントとしての面白さでは、後発の「少女ファ…

王様の仕立屋

イタリア・ナポリに住む日本人職人「織部悠」かつてミケランジェロと称された伝説の仕立て職人が、唯一認めた弟子。 イタリア服飾の様々な技巧をもとに、依頼人の難解な問題を解決し、仕立てと共に依頼人の人生の悩みも解決する。 端的に説明してしまえば、…

蟲師

(2012年評)一風変わった和風奇譚が読まれたい方には、やはりこの蟲師をお勧めする。蟲といっても、昆虫ではなく、妖怪や精霊の類を、作者独自の観点で、「蟲」という存在に創り上げたものだ。 本作の素晴らしさは、その画風とオリジナリティの高さだろう。…

名門!第三野球部

約20年前に連載終了した本作を作者むつ利之は未だに超えられそうにない。 試合に出れない野球部の落ちこぼれ集団二軍以下の三軍。 それが第三野球部。 そんな三軍の選手たちが、努力だけを武器に次第に勝ち上がっていく物語。 友情・努力・勝利 それこそジャ…

彼氏彼女の事情

アニメ化も果たした有名作品だが、それ以上に、原作も冒険的で面白い。 ラブコメ的な雰囲気と飄々としたタイトルに騙されやすいが、最初の数冊を読めば、そのコマ割りやストーリー構成等、フツウの少女漫画を狙っていないことがすぐにわかる意欲的な作品であ…

ホタルノヒカリ

(2012年評) ドラマ化も果たした説明不要の有名作品。いわゆる「干物女」の物語である。無論、「干物女」という名称は素晴らしかったが、内容もキャッチフレーズに負けない大変面白い作品だった。 コメディテンポの良さと、20代後半の女性主人公という、あ…

東京命日

熱狂的なファンを持ち、独自路線を貫く「島田虎之介」そんなシマトラ作品の中でも、最も評価が高いのが本作だろう。小津安二郎の命日に集まる、様々な人間達のドラマを、作者得意の、時間軸と構成を織り交ぜた展開で描いた作品である。よくもまぁ、これだけ…

吉祥天女

吉田秋生は、「あきみ」ではなく「あきお」だと長い間誤解していた。 しかし、それも無理はないと思う。なにせ、作品が、「カリフォルニア物語」や「BANANA FISH」そして本作「吉祥天女」だ。 どう考えても当時の少女マンガの枠に収まっていない。この手の「…

D-ASH(ダッシュ)

(2012年評)秋重学と北沢未也のコンビが本作でデビューしたときは衝撃だった。 小学校のクラスで一番足の速い男の子「飯塚司」と、交通事故で片足が動かなくなった女の子「前田紗英」。お互いに惹かれあう二人は、出会い、そしてすぐ長い別れを味わうことに…

スピリットサークル

スピリットサークルも全6冊でついに完結である。「水上悟志」お得意のファンタジーに、輪廻転生というテーマを加えた不思議な作品。主人公が7つの人生を渡りあるくというそのあまりの構成の難しさから、なかなか連載で追うのは困難な作品だったが、無事完結…

ゴールデンライラック

表題作「ゴールデンライラック」は、萩尾望都作品の中でも、地味の雰囲気の作品だろう。 しかし、この地味さが、人生の渋みを感じさせて非常に良い。 ライラックの茂みの中で出会った、ヴィクトーリアとビリーの二人の小さな恋人は、その後、様々な人生の波…

キスより簡単

(2012年評)石坂啓は、これだけ面白いマンガが作れるのに、どうしてマンガ家を廃業しているのだろうか。 そんな無念を感じずにはいられない。 本作は、女性から見た恋愛、SEX、結婚といった大きな問題に対して正面から闘っている大傑作だ。 主人公「まあこ」…

ジナス―ZENITH―

吉田聡が描く異色の傑作。 死者を6日間だけ生き返らせる「物体」と蘇った死者を殺す、銀色の殺し屋。 およそ他に類を見ない壮大なストーリー構成は、プロット協力ビッグ・オー(長崎尚志)の影響が大きいのかもしれない。 ただ、個人的には浦沢・長崎作品は…

風のシルフィード

本作は、リアル嗜好の強くなった現代においては、残念ながら評価の難しい作品である。 しかしながら、オグリキャップ等の活躍による競馬ブーム発端の時代に、少年マガジンというメジャー誌の一角で、今まで日の目を見なかった競馬というジャンルが、長期連載…

キャプテン翼

80年代ジャンプ作品第二弾。 今となってはキャプテン翼は、評価されない作品かもしれない。 似たような顔のキャラクター。マンガ的としか呼べない表現のサッカー。お決まりの展開。 しかし、当時80年代においては、キャプテン翼はマンガの王道だった。 なに…

宇宙家族カールビンソン

あさりよしとお その不思議な作風と、独特のストーリー語りは、様々なマンガが乱立する現代においても、全く埋もれることのない正にオリジナリティと呼ぶに相応しい才能を持つマンガ家である。 そのあさり作品の代表作と言えば、やはり本作カールビンソンを…

うさぎドロップ

(2012年評)最近やっと最終の10巻が発売されたのでレビュー。とはいっても10巻は番外編で、物語としては9巻目でほぼ決着が着いている本作だが。 かなりの有名作品なので、いまさら説明不要と思われるが、簡単なあらすじを。 訃報を受けて祖父の家を訪れた「…

根こそぎフランケン

傑作である。麻雀マンガは、読み手を強く選ぶ傾向があるので、あまりレビューしていないが、それでも書いておきたくなるほど傑作である。まず、キャラクターが圧倒的に良い。主人公「フランケン」をはじめ、天才「竹井」、竹井打倒を誓う「田村」そして、舞…

じゃじゃ馬グルーミン★UP!

無目的に北海道の牧場に流れ着いてしまった、高校生主人公が牧童として成長していく物語は、全26冊と作者「ゆうきまさみ」の最長巻数作になっている。当時、競馬人気が今よりずっと高かった背景を考慮しても、一人の主人公の人生の流れをここまでゆったりと…

八雲立つ

出雲の地を舞台に語られる、日本神話と巫子の物語。「樹なつみ」お得意の世界観溢れる名作である。作者の作品としては、最長編になっており、それゆえの強みと弱みが混濁している作品だ。キャラクター造詣と世界観は抜群で、特に序盤のサスペンス溢れる雰囲…

青春少年マガジン

週刊少年マガジン50周年企画で各種賞も受賞した作品なので、ご存知の方も多いだろう。そもそも、この作者「小林まこと」という人選が良い。小林まことは、今でこそ知名度が下がっているものの、「1・2の三四郎」の人気は圧倒的で、当時にしては珍しく続編…

エルフを狩るモノたち

数年前から「2」が開始された、矢上裕の代表作。久しぶりに読んでみたら、当時は面白いアクションギャグマンガという認識だったが、随分とプロットが巧い作品だったことに気がつき感心させられた。よくよく考えてみると、異世界から日本に戻るために、エル…

機動警察パトレイバー

連載開始自体は非常に古いが、いまだに「ゆうきまさみ」の越えられない代表作が本作だろう。レイバーと呼ばれるロボットが発展する近未来の東京で、東京の治安を守る為に作られたパトロール用レイバー=パトレイバーの活躍とそれに関わる警察組織「特車二課…

少年は荒野をめざす

吉野朔実さんが亡くなられたとの事で、急遽本作のレビューに変更。残念至極である。 本作はまさに、古き良き時代の少女マンガと呼ぶに相応しい名作であった。こう書いてしまうと、現在の少女マンガが悪いように聞こえるかもしれないが、そうではない。現在の…

中年スーパーマン佐江内氏 /未来の想い出

(2012年評)藤子・F・不二雄のSF短編作品は、私が最も愛するマンガの一つである。 そんな氏のSF短編の中でも、最も異彩を放つのが、本作に収録されている「未来の想い出」ではないだろうか。 主人公「納戸理人」は、あたかもF氏をモデルにしたキャラクター…

マリオネット師

主人公は九頭見 灯 16歳マリオネットを連れた天才スリ師 作者「小山田いく」の、代表作と称してよいのではないだろうか。 子供を喜ばす「マリオネット」と、大人の財布を除く「スリ」という組み合わせは、当初の想定以上に幅広く人間ドラマを展開できる、秀…

おいしい関係

テレビドラマ化もしたので、ご存知の方が多い作品だろう。おいしい物を食べるのが何よりも好きな裕福な父親に育てられた主人公百恵。 けれども、その幸せな日常は父親の急逝により崩れ去る。 残された百恵が選んだのは、コックになる道。 町の洋食屋「プチ・…

雨無村役場産業課観光係

(2012年評) 最近久しく出会わなかった、素直に面白いと思えた作品。 「町でうわさの天狗の子」<で一躍ブレイクした感のある岩本ナオだが、本作も劣らず素晴らしい出来栄えだった。 故郷の村役場に就職した主人公銀一郎だが、村に若者は3人しかいない状態。 …

鴨川ホルモー

原作小説のコミカライズなのだが原作は未読。 某サイトのレビューを見る限りでは、原作ファンの方には評判が悪いようだが、初見の私にとっては非常に面白い作品だった。 新勧コンパで「京大青竜会」と名乗る謎のサークルに誘われる主人公「安部」 当初は普通…

25時のバカンス 市川春子作品集Ⅱ

(2012年評)「虫と歌 」を読んで次の日即購入。 とりあえず、マンガ読みは市川春子を読んでおかないとまずい。そんなレベルで断言できる作品の質。 特に表題作「25時のバカンス」は畢生の出来栄えだ。 前作は独創的という段階であった表現力が、本作ではそ…

正しい恋愛のススメ

(2012年評)かわいい彼女がいて、成績は中の上で、たいした不満もなく、かといって満足もなく。 そんな主人公竹田博明が、ふとしたきっかけから出張ホストの仕事を始める事になり、最初はお客として出会った一人の女性に次第に惹かれていくことになるのだが。…

黒髪のキャプチュード

(2012年評)本日レビューするのはマイナー作品である。 今でこそインターネットの普及により、マイナー作品にもそれなりに日の目が当たるようになったが、本作が連載されていた90年代前半は違う。マイナー誌で連載するという事はそれだけでハンディだった。…

僕はビートルズ

モーニング主催の漫画賞「MANGA OPEN」 マンガ以外にも文章による原作等幅広く受け付ける賞だが、やはりマンガ作品以外の受賞は難しかった。 その中で初の「原作」による大賞受賞作が本作だ。審査員であるかわぐちかいじが惚れ込み作品化に至り、鳴り物入り…

鈴木先生

大変レビューの難しい作品。それが本作「鈴木先生」だ。 有名作品なのであらすじは省くが、中学校の教師と生徒の日常をテーマにした作品だ。 個人的感想を述べれば、第一巻は本当に素晴らしかった。特に第一話の「食事のマナー」に関する問題は大変な力作で…

リボンの騎士

(2012年評) 本作は、私の知る限りでは5回ほどリメイクされている。 最も、最新のリメイクは絵柄も物語も随分異なるので色々物議を醸しているようだが。 私の手元にあるのは、第三回目のリメイク版にあたる作品。それでも、初出は昭和38年だ。 世の中に最…

外天楼

(2012年評) 色々うわさになっていたので、石黒正数の短編が苦手な身ながら手に取ってみた。 結論から言うと本作の注意点としては、事前知識を一切入れるべきではないという事だ。 なので、読む気のある方は、この先のレビューは読まないほうがいい。 ちなみ…

デザイナー

一条ゆかりが「これを描く為にマンガ家になった」と自負する作品、それが「デザイナー」 本作を読んで感じる感想は、素直に、「壮絶」の一言だ。 作者が込めた作品への情念が尋常ではない。 主人公の仇とも言える、デザイン界の女王「鳳 麗香」は、まさに一…

孤独のグルメ

(2012年評) 谷口ジローはやはり画力で魅せれる数少ないマンガ家である。 個人的には「神々の山嶺」がベストだが、本作孤独のグルメも捨てがたい。 その圧倒的な画力は並のマンガ家では描けないリアリティの高い世界観を紡ぎ出す。 孤独のグルメは有名な作品…

昴 MOON

天才を描かせれば、当代随一の才能を魅せる曽田正人が描くバレエマンガ。 音や映像が流れないマンガの世界において、バレエはさぞかし難しいテーマであったが、その辺りを観客のリアクションと絡めて描ききったのは、さすがである。 しかし、足りない部分も…

伊賀野カバ丸

今でこそ少女マンガのギャグも当たり前になってきたが、昔の少女マンガで「爆笑」した記憶は少ない。 そんな貴重な出会いを与えてくれた記念すべき作品がこの「伊賀野カバ丸」だ。 とにかく、当時の少女マンガと比較するとその違和感がすさまじい。 「恋愛」…

忍者武芸帳 影丸伝

70年代カテゴリに入れているが、正確には50年代から60年代の古典に入る作品となる。白土三平の最高傑作と謳われる本作は、当時の少年たちの心を掴んで止まなかったのも頷ける大傑作である。 現代のマンガに慣れている人からすれば、絵は古臭く見えるかもし…

バジリスク〜甲賀忍法帖〜

コミカライズ作品は往々にして上手くいかないものだと捉えているが、その例外的な存在として山田風太郎、せがわまさきによる時代物シリーズが挙げられるだろう。 甲賀忍法帖の描くおどろおどろしさ、怪しさ、妖艶さ、等を、見事なまでにマンガの世界に落とし…

幽玄漫玉日記

うつ病マンガ家桜玉吉の、日記シリーズ最高傑作は本作だろう。 桜玉吉といえば「しあわせのかたち」で一躍その名を轟かせ、ゲーム雑誌の連載とは思えないほどの人気を博したマンガ家だ。 しかし、創作活動、特にギャグを描く多くの人は心を病む。その有様が…

サイコスタッフ

「惑星のさみだれ」でその名を広めた水上悟志のSF短編。 1冊完結だが、非常に良くまとまっており、完成度の高い作品である。 主人公は、超能力者であることを隠して日常生活を過ごしている高校生だが、ある日その力を軍事利用しようとする異星人のかわい…