つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

「子供を殺してください」という親たち 2巻

 

 
本当にこれは凄い。

原作の「押川剛」の本気度や、「鈴木マサカズ」の
今までの漫画で描いてきたスタイルが、
見事なまでに混ざって実現している傑作である。

元々、「鈴木マサカズ」は現代寄りの世界の中で、
人が目を向けていない領域を切り取って描く力に定評のある作者だったが、
どうにも地味さの方が目立ってしまい、
圧倒的な作品に恵まれなかった。

そんな中この強力な原則と、タッグを組むことで、
作品化したタイトルだけで魅かれる本作。

ドキュメント系好きの方は、
絶対に読んだ方が良い渾身の作品である。

人の心の闇の深さと、
日常では見えない本物の真実が描かれている。