つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

諸星大二郎特選集

最近のマンガ読者にはそこまで知名度が高くないが、
往年のマンガファンには、
圧倒的な天才として知られている作者「諸星大二郎」。


しかし、それにしても改めて読み返すと天才すぎる。
どれをとっても面白い短編集で、
個人的には「感情のある風景」に感動したが、
凡そ捨て作品はない。

これだけ素晴らしい収録作品のほぼ全てが
70年代の作品という事実に恐れ入る。

また、儚げでいて少し狂気をまとっている
この歪んだデッサンの絵が味わい深い。


最近はSF的短編が少なくなっていて、
この手の作品が下火なのかと思わされたが、恐らく違う。


この時代の短編の名手達が、
圧倒的な名作を描き過ぎたのだろう。


だから、後続の漫画家は同ジャンルで闘う気がおきずに、
SF短編は廃れていったのだ。


手塚賞を満場一致で受賞した「生物都市」も収録。
こんな作品が無名の新人だったら、
それは盗作疑惑も起こるだろうな、と思わされる。


未読の方は必ず抑えるべき傑作であり、
まとめて諸星大二郎作品を堪能できる
幸せに浸るべきだろう。

f:id:mangadake:20170415185837p:plain



 

 

ブスだけどマカロン作るよ

その圧倒的なタイトルに思わず目を引かれたら、
カレー沢薫」だった。即購入、爆笑。


ここまで惜しげもなく自分の痛い過去を
さらけだせる女性漫画家も少ない。
これは、エッセイ系漫画に必要な才能だ。


表題作以外にも、いくつかの作品が含まれており、
「なかったことにしませんか」
では、惜しげもなくそのブラック人生を
面白さに昇華したエッセイを。


「ナゾ野菜」
では、、何に使うのかわからないオシャレ野菜を
めんつゆで煮るという謎の企画を。
「ナゾ野菜」はその後、別の連載にまで展開する
誰にも真似できないバカバカしさを持った作品である。


クレムリン」ファンは必見の作品だ。

f:id:mangadake:20170415184632p:plain

 

 

 



どうにかなる日々

相変わらずマンガ読み泣かせの作者、
それが「志村貴子」である。

何か物凄く深いテーマ性や
物語があるわけではなく、
淡々と男と女や少年と少女や
場合によっては少年と少年の
恋愛やSEXを描く本作。

シリーズで続く短編もあれば
単品で終わる話もあり、
テーマも内容もばらばらに関わらず、
デビュー当初から変わらぬ
圧倒的な画力と、
存在感のあるキャラクター描写で、
あっという間に物語を創って
ページを埋め尽くしてしまう。

読み終わって何かが
残るような残らないような、
でも読んでいる間は確実に面白い。

相変わらずのそんな作品である。

f:id:mangadake:20170412202157p:plain